群馬大学TLO
本文へジャンプ
Home » 実施事例 » ナノテクノロジー・材料

ナノテクノロジー・材料

発明の名称

出願/公開/登録番号 要       約

整理番号

巨大分子結晶の製造方法及びそれに用いる製造装置

特許第4139888号
(2003/2/12原出願)

簡便に、再現性良く、汎用的に、巨大分子結晶又は低分子結晶を製造できる新規な方法及びその方法に用いる製造装置を提供する。

IP17-028

結晶化用基板、結晶化用容器、結晶化装置、及び、結晶の製造方法

特許第5224306号
(2012/1/31原出願)

簡便かつ効率的に結晶、好ましくは生体高分子結晶を製造できる結晶化用基板、結晶化用容器、結晶化装置、及び、結晶の製造方法を提供する。

IP23-035

膜タンパク質の結晶化方法及び膜タンパク質結晶化剤

特願2013-045219
(2013/3/7原出願)

良好な結晶を得る膜タンパク質の結晶化方法を提供する。

IP24-032

金属材料表面を高分子重合体で被覆する方法及び高分子重合体で被覆された金属材料

特許第4284415号
(2004/4/12原出願)

平板や、複雑な形状に組立て加工した後の金属材料であっても、金属材料表面に均一に高分子重合体の被膜を形成して金属材料に耐食性を与えることができる。

知財5号

異形高分子微粒子の製造方法

特許第4192245号
(2004/11/24原出願)

比表面積が大きく、約200℃になっても或いは各種の有機溶媒に接触しても、微粒子の形状が容易に変形しない異形高分子微粒子を提供する。

IP16-022

単一粒子光散乱法による微粒子構造解析装置

特許第4054876号
(2003/12/1原出願)

液体中に懸濁したマイクロメートルサイズの微粒子の微細構造を精確かつ容易に測定することのできる、単一粒子光散乱法による微粒子構造解析装置を提供する。

知財10号

カードランからなる液晶ゲル及びその製造方法

特許第4110255号
(2004/8/30原出願)

カードラン分子自体がゲル化機能と液晶形成機能を併せ持つとともに、人体に害を及ぼさず生分解性を有し、光学的に複屈折率の勾配を有するカードランからなる液晶ゲルを製造する。

IP17-035

カードランからなる液晶ゲルの製造方法

特許第4238370号
(2005/9/20原出願)

カードラン分子自体がゲル化機能と液晶形成機能を併せ持つとともに、人体に害を及ぼさず生分解性を有し、光学的に複屈折率の勾配を有するカードランからなる液晶ゲルを複屈折率、透明性及びゲル強度の制御をして製造する。

IP17-002

液晶構造を有するゲル及びその製造方法

特許第4604202号
(2004/8/30原出願)

核酸分子自体がゲル化機能と液晶形成機能を併せ持つとともに、芳香族化合物吸着性と光学特性のある、核酸を主成分とする水に不溶な液晶ゲルを安価に量産可能に製造する。

IPF16-009JP

液晶構造を有するゲルの製造方法及びこの方法で製造された液晶構造を有するゲル

特許第5103630号
米国特許US8083967
(2006/3/24原出願)

水溶性高分子自体がゲル化機能と液晶形成機能を併せ持ち、光学特性のある種々の水溶性高分子を主成分とする水に不溶な液晶ゲルを製造する。

IPF18-011JP,US

デオキシリボ核酸複合体を固定化したシリコーン構造体の製造方法及び該方法により得られたシリコーン構造体

特許第4729711号
(2006/7/6原出願)

芳香族化合物吸着性を有し、かつ力学的強度と弾性とを備えたDNA複合体を固定化したシリコーン構造体を大量に製造することができる方法及び該方法により得られたシリコーン構造体を提供する。

IP18-008

カーボンナノ材料の製造方法及び遠心溶融紡糸装置

特許第4552017号
米国特許US7763228
(2004/8/11原出願)

ポリマーブレンドであるコアシェル粒子が相分離を起こさない温度条件で遠心溶融紡糸を行うことにより、カーボンナノチューブやカーボンナノファイバ等のカーボンナノ材料を効率良く製造することができる。

IPF16-008JP,US

炭化ケイ素系ナノ繊維の製造方法

特許第4552019号
(2005/2/8原出願)

極めて細く,かつ長い炭化ケイ素系ナノ繊維を容易に,かつ確実に製造することができる炭化ケイ素系ナノ繊維の製造方法を提供する。

IPF17-004JP

シリコンカーバイド系多孔質体及びその製造方法

特許第4478797号
(2005/5/25原出願)

高い比表面積を有するシリコンカーバイド系多孔質体及びその製造方法を提供する。

IP16-066

シリルエチニル基を有するトリフェニレン化合物及びその製造方法

特許第3777428号
米国特許US8026623
(2004/10/5原出願)

シリルエチニル基を有する新規なトリフェニレン化合物を提供する。

IP16-024
IPF16-018US

シリル置換基を有する新規カルバゾール誘導体

特許第4257434号
(2005/10/25原出願)

シリル置換基を有する新規カルバゾール誘導体を提供する。

IP17-042

シリルフェニル基を有する新規トリフェニレン誘導体

特許第4288356号
(2006/2/22原出願)

溶解性の低さや製膜性の悪さから素子中において十分な効果が発揮できないトリフェニレン誘導体の欠点を改良することで、有機電解発光素子の電子輸送層やホスト材料などとして有用なシリルフェニル基を有する新規トリフェニレン誘導体を提供する。

IP17-081

ポリアミド多孔質体及びその製造方法並びにその使用方法

特許第4257430号
(2004/10/8原出願)

通気性と水浸透性を有する孔質体とそれを支持する多孔質体からなる二層構造のポリアミド多孔質体を比較的短時間に製造する。使用済みポリアミド多孔質体の再利用が容易である。

IP16-020

高分子物質の示差走査熱量測定データから該物質中の結晶の結晶長分布を算出する方法

特許第4228080号
(2005/7/20原出願)

熱に敏感で繊細な高分子物質の構造や性質を反映した結晶長分布を、X線解析装置及び高純度の安息香酸を用いることなく、DSCデータに基づいて算出する。

IP17-025

含ケイ素置換基を導入した一重項酸素発生剤

特許第4899065号
(2005/8/23原出願)

癌等の治療の可能性を持つ一重項酸素発生剤を提供する。

IPF17-028JP

含ケイ素蛍光化合物および該化合物を用いた蛍光標識剤

特許第4945760号
(2006/10/10原出願)

蛍光性有機化合物の吸収波長、蛍光波長を長波長化し、さらに蛍光量子収率を増大させるとともに、生体関連分子などとの反応性も有する官能基を結合させた、新規蛍光性物質を提供する。

IP18-059

新規な蛍光化合物及び蛍光標識剤

特許第4320404号
  (2006/1/30原出願)

タンパク質やペプチドなどの物質を蛍光標識するための蛍光標識剤などとして有用な新規化合物を提供する。

IP17-059

PF1022類の製造法

特許第4734656号
(2007/3/30原出願)

環状オクタデプシペプチドPF1022類を効率よく合成する。

IP17-070

新規水溶性イリジウム錯体化合物およびそれを用いた酸素濃度測定試薬

特許第5392746号
(2008/9/18原出願)

本発明は、新規なイリジウム錯体およびそれを用いて酸素濃度をリアルタイムで可視化し、定量することのできる検出試薬を提供する。

IP20-035

新規化合物およびそれを含む酸素濃度に依存して発光色が変化する機能性プローブ

特許第5500594号
米国特許US8623239
欧州公開EP2348314
(2008/10/17原出願)

酸素濃度応答性りん光団とけい光団をリンカーで結合してなる化合物、およびそれを用いた機能性発光プローブを提供する。

IP20-034JP,US,EP

温度応答性デプシペプチドポリマー

特許第4599567号
欧州特許EP1806377
(2004/10/20原出願)

デプシペプチドを構成成分として持つ新規な温度応答性化合物を提供する。

IPF16-020JP,EP

乳酸残基を有するデプシペプチド

特許第5158716号
米国特許US8153759
欧州特許EP2058324
(2006/8/24原出願)

本発明の温度応答性デプシペプチド材料は、生体内で分解吸収される組成物、土壌などの環境下で分解吸収される組成物、細胞接着剤、薬物運搬体、創傷被覆材料、人工筋肉、マイクロカプセル、バイオマシン、バイオセンサー、分離膜、検査キットなどを構成するのに利用できる。

IPF18-022JP,US,EP

温度応答性配列を含むデプシペプチド構造と親水性高分子構造からなるブロック共重合体

特許第4911523号
(2007/10/22原出願)

デプシペプチドを構成成分として持つ新規な温度応答性化合物を提供する。

IP19-071

非結晶性フィブロインフィルム及びその製造方法

特許第5126841号
(2008/5/23原出願)

柔軟性と十分な強度を併せ持つ、新規な非結晶性フィブロインフィルムを提供する。

IP19-094

ポリ乳酸ステレオコンプレックス結晶の製造方法、ポリ乳酸、その成形体、合成繊維、多孔体およびイオン伝導体

再表2011/030766
米国公開US2012-0238652
欧州公開EP2476729
(2009/9/10原出願)

耐熱性に優れ、ステレオコンプレックス結晶を高率で含有するポリ乳酸を効率よく製造しうるポリ乳酸ステレオコンプレックス結晶の製造方法、それにより得られた、ステレオコンプレックス結晶を高含有率で含む、耐熱性に優れたポリ乳酸、及び、耐熱性に優れた成形体、合成繊維、多孔体及びイオン伝導体を提供する。

IP20-066JP,US,EP

超高分子量ポリエチレン製フィルムの製造方法

再表2010/101214
米国公開US2011-0319585
欧州公開EP2404737
(2009/3/6原出願)

引張り破断強度および引き裂き強度が高く、均一性に優れた超高分子量ポリエチレン製フィルムを、安価かつ効率的に製造することが可能な方法を提供する。

IP20-067JP,US,EP

ポリ乳酸粒子の製造方法、ポリ乳酸微粒子、並びにこれを用いた結晶核剤及び成形体

再表2011/142283
(2010/5/10原出願)

粒径が小さく、かつ、ポリ-L-乳酸及びポリ-D-乳酸のステレオコンプレックス晶を多く含むポリ乳酸の微粒子を製造できるポリ乳酸微粒子の製造方法を提供する。

IP21-072JP

超高分子量ポリエチレン製多孔化膜の製造方法および超高分子量ポリエチレン製フィルムの製造方法およびこれらの方法により得られた膜およびフィルム

再表2012/029881
米国公開US2013-0157035
欧州公開EP2612880
(2010/08/31原出願)

酸素透過性の高い超高分子量ポリエチレン製多孔化膜を効率よく製造すること、および均一性およびガスバリア性に優れた超高分子量ポリエチレン製フィルムを安価かつ効率的に製造する。

IP22-009JP,US,EP

ポリエチレン製多孔質膜の製造方法およびポリエチレン製多孔質膜

WO2014/034448
(2012/8/29原出願)

細孔径が微小で、比表面積、空隙率が大きく、引張り破断強度、引き裂き強度が高く、ガス透過率の高いポリエチレン製多孔質膜及びその製造方法を提供する。

IP23-046

電気二重層キャパシタ用炭素材料及びその製造方法並びに該材料を用いた電気二重層キャパシタ

再表2011/142048
(2010/05/14原出願)

高電圧充電によって大きな容量を発現し得る、電気二重層キャパシタ用炭素材料及びその製造方法並びに該材料を用いた電気二重層キャパシタを提供する。高電圧充電における電気二重層容量を向上し得る電気二重層キャパシタ用炭素材料及びその製造方法並びに該材料を用いた電気二重層キャパシタを提供する。

IP22-002JP

電気二重層キャパシタ用炭素材料の製造方法

特開2013-026484
(2011/7/22原出願)

炭素細孔体の細孔表面に窒素を導入した電気二重層キャパシタ用炭素材料の安全性が高くかつ量産に適した製造方法を提供する。

IP23-003

導電性ペースト

特願2013-013735
(2013/1/28原出願)

本発明の課題は、含まれている銀粒子が低温加熱により焼結され、電気抵抗率が低い導電材料を形成しうる導電性ペーストを提供することにある。

IP24-013

開放特許に関するお問い合わせは、群馬大学TLOまでお願いします。